プロフィール
ひろちゃ!

定年退職で第二の人生を歩み始めた私ですが、もう一度過去を振り返り
これから先、悔いの無い生きがいのある人生が見出せないものかと、
新たにブログを始めました。

そして、もう一つの目的は他でもありません
思い出がいっぱいに詰まった我が家のガラクタですが、
このまま行けばゴミ屋敷にならないとも限りません。

写真等はすべて画像ファイルに変換して整理する。
さらに形ある物は極力処分して、思い出だけは残そうかと、
何も無かった結婚当時が懐かしく感じる今日この頃です。

以上ですが、何やかんやと言いつつ・・
ブログ自体がゴミ屋敷ならぬ Dust Blog となる可能性は大かもね。 (笑)

★ ゴミ屋敷 ★

************************** < 2013年10月1日 > ***************************
愛犬レナが虹の橋に旅だって早8年となります。
さらに2013年9月を最後にレナの子供達はすべて天寿を全うしました。
そんな昨今ですが、いつまでも悲しみに暮れていても仕方ありません。
楽しい思い出や素敵な関係をいっぱいに残してくれる愛犬達でしたが
これを機会に Real Dog Life からは幕を下ろすことにしました。

profilephoto

永久保存版 「Inline Rena ホームページ」はカウンターを設けておりません。
特に意味はないですが貴方にも見てもらいたい、ただそれだけのことです。

*********************** < 愛犬家としての第一歩! > ***********************



*********************** < 愛犬家としての責任! > **********************

どんなに元気なワンちゃんでも、貴方が生きている限り
貴方より早く年老いてやがて動けなくなる時が訪れます。

皆さんは老犬介護の情報など恐らく本など多く読まれて
知識としても十分過ぎるほど得てみえると思います。
まだ他にも良い手立てがあるのでは・・・
読めば読むほど、知れば知るほど自分には当てはまらない。
しつけの本も同様、これが現実ではないかなと察します。

我が家では過去3頭のGR(12歳、14歳、15歳)を看取りました。
3頭三様、ただ薬漬けにだけはしたくなかったので、
歩けなくなった段階で医者に通うのを止めました。
( 医者にみせれば直るかもしれません。)
男の子はただ足が悪くて立てないだけで元気そのものです。
水はあまり飲ませないで「リンゴ」「スイカ」「梨」「みかん」など
季節の果物を良く食べさせておりました。

3頭とも外飼いでしたが、歩けなくなってからは玄関先に
毛布を敷いてそこで飼いました。(外でトイレさせるに便利です。)
約9か月ほど面倒をみてきました。歩けないだけで元気な
ワンコでしたのでいつも車に乗せてよく遊びに連れて行きました。
ビニールシートを敷いてピクニックするのが楽しみのひとつと
なりました。また2〜3泊の旅行にも車で連れてゆき思い出作り
となりました。

床擦れが出始めたころからは手足が浮腫みポタポタに
なってきました。しかし便も硬く他に異常は見られません。
ただ亡くなる数日前にはそれとなくわかります。
まわりがシーンと空気までもが張り詰めてきます。
「そろそろだな・・」

朝7時過ぎ、いつもは吠えない子が「ワン!」と一声。
ふと見ると目をつむり小刻みに体を震わせていました。
体や足をさすってやるとホットしたらしく震えも止まり
ゆっくりとお腹で息をしはじめました。
そんな状態から十数分過ぎたのち、急に「ワン.ワン」と
吠え出しました。もうビックリ!どうも私達を捜している様な
吠え方です。「ここにいるよ」って顔や体をさすり知らせてみる
ものの吠えて止みません。
何故だかフッと思い出したのが、なんと生れ出た時のあの元気な
鳴き声。こんな時に何で?って自分の耳(頭の中)を疑いました。

最後は背伸びしつつ、かすれ声で「ワン.ワン.・・.」と3回。
最後に残ったワンコは15歳と6か月で旅立ちました。

ペットロスになる人ならない人。
3頭いたのが幸いか何とか乗り越えました。でも・・・
1頭目の別れで9年間もWebから遠ざかってきた事実、
これだけは隠せません。

1頭目、母犬の時は死に目に会えず・・
自分達を責める毎日が続きました。
あれ程訴えていたレナの気持ちを
わかってあげられず、ひとり淋しく
死んでいった事が未だに悔やまれて
已みません。

家の中では、ゆく所ゆく所ついて来る。
お勝手に立てばその場に来てうずくまる。
トイレに行けば戸の前に来てうずくまる。
そんな日々が連日続きました。そして・・
ある日の朝、ソファーの上で冷たくなって
いました。

******************************************************************
さて皆さんにお聞きします。
愛犬が亡くなった後、どうされますか?

1. お墓を作る。
2. 次の犬を迎える。
3. 犬小屋を処分する。
4. 犬はやめて別の生き物を飼う。
5. 犬は二度と飼いません!
6. その他

*******************************************************************

★ FaceBook ★


PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

日本プログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生きがいへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ

BLOG RANKING



現在の時刻

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM